公益財団法人北海道埋蔵文化財センター|埋蔵文化財|発掘調査|出土品|展示|保護|北海道江別市

  • 掘り出された北の歴史
 
 

企画展示 縄文耳飾りの世界

企画展示 縄文耳飾りの世界
 
平成29年度北海道立埋蔵文化財センター企画展示
縄文耳飾りの世界
期間:平成29年7月8日~10月1日
会場:北海道立埋蔵文化財センター展示ホール、常設展示室、体験コーナー
内容:縄文探訪と縄文工房の2つのテーマを通して、北海道の縄文文化を分かりやすく紹介する。
 
《縄文探訪》
テーマ「縄文耳飾りの世界」(常設展示・体験コーナー)
 縄文時代の耳飾りの変遷、製作技法の説明などを通して縄文人の精神世界を紹介する。
(1)耳飾りとは(耳飾りの研究史、装身具の中の耳飾り、日本における耳飾りの変遷
(2)縄文の耳飾り(材質の変遷・石から土へ、形態の多様化と大型化)
(3)石の耳飾り(形態変遷・分布・製作技法)
   道内の玦状耳飾りの展示
(4)土の耳飾り(形態変遷・分布・製作技法など
   道内の土製耳飾りの展示(千歳市・恵庭市・苫小牧市の資料を中心に)
《縄文工房》
 テーマ「縄文人になろう」(エントランスホール 体験受付:展示室受付)
 土器つくりや石器を使うなどの体験をおこなう。
(1)骨角器をつくろう(鹿角のペーパーナイフ作り)
(2)土器をつくろう(ミニチュア土器作り)
(3)アクセサリーを作ろう(滑石を用いた玉・耳飾り作り)
(4)砂絵を作ろう(土器や石器を題材とした砂絵作り)
(5)本物に触ろう(土器や石器に触れ、重さや質感を体験する)
 
 入館・体験ともに無料
 

近年のホモサピエンスと縄文人研究の動向から

近年のホモサピエンスと縄文人研究の動向から
 
秋季講演会 「人類学と考古学を知る・学ぶ」3
「近年のホモサピエンスと縄文人研究の動向から  -ユーラシアへの拡散を中心に-」
 
 
日時:平成29年9月30日(土) 13:30~15:30
場所:北海道立埋蔵文化財センター2階研修室
講師:松村 博文(札幌医科大学教授)
 
内容:アフリカを出たホモサピエンス。ユーラシアの北へ、南へ拡散し、日本列島へ。海外調査経験豊富な講師が、近年の研究動向や調査成果を踏まえ、その動向や縄文人研究に迫る。
 
参加申込み:1ヶ月前(平成29年8月30日)から電話(011-386-3231)にて受け付ける。定員100名。入場無料。
お問い合わせ:普及活用課
 

展示室体験コーナー

展示室体験コーナー
 
 
展示室体験コーナーでは、ミニ勾玉づくり、砂絵体験、ミニチュア土器、土製品つくり、アンギン体験など各種無料で体験学習を提供しています。
 
 10名以上の個人、団体の場合は、準備やお願いする事項がございますので、必ず事前にお問い合わせください。
 
 また、学校、社会教育などの団体については、別途ご相談する内容がありますので、できるだけ来館予定の3週間前までには、ご連絡をお願いいたします。
 
   
 

公益財団法人北海道埋蔵文化財センターからのお知らせ

公益財団法人北海道埋蔵文化財センターからのお知らせ
  2017-08-09 石狩市立図書館ボランティア施設見学
  2017-08-08 上砂川町教育委員会団体
  2017-08-05 まいぶん遺跡探検隊2 石器
  2017-08-02 考古学出前講座大樹町
  2017-08-01 考古学出前講座蘭越町
   
   
<<公益財団法人北海道埋蔵文化財センター>> 〒069-0832 北海道江別市西野幌685番地1 TEL:011-386-3231 FAX:011-386-3238