公益財団法人北海道埋蔵文化財センター|埋蔵文化財|発掘調査|出土品|展示|保護|北海道江別市

  • 掘り出された北の歴史
 
 

もうひとつの古代世界オホーツク文化

もうひとつの古代世界オホーツク文化
 
北の縄文―縄文探訪と縄文工房―展
展示期間:令和元年7月6日(土)~9月29日(日)※休館日(毎週月曜日で祝日は除く)
展示場所:北海道立埋蔵文化財センター展示ホール、常設展示室、体験コーナー
展示内容:縄文探訪と縄文工房の2つのテーマを通して、北海道の縄文・オホーツク文化を分かりやすく紹介します。
展示内容詳細
《縄文探訪》
テーマ「もうひとつの古代世界 オホーツク文化」(常設展示・体験コーナー)
文化の展開、生活、交流・交易、葬送・信仰などの各テーマを通して、日本史の中でも特有の文化要素を持つオホーツク文化の社会を紹介します。
(1)オホーツク文化とは〈オホーツク文化の特徴、土器時代区分、時期ごとの展開〉
◎各期の土器(十和田式・刻文・沈線文・擬縄貼付文・貼付浮文 + 舟の線刻画がある土器)
(2)オホーツク文化の生活〈集落選地、住居構造と変遷、住居構成員、主な生業と道具、装身具〉
◎骨角器(銛頭・骨鏃・結合釣針・骨箆・骨鍬・骨刀)、石器(石鏃・石斧・石錘)装身具など(帯留め・クックルケシ・骨角製装飾品類・針入れ)
(3)交流と交易-オホーツク文化をとりまく世界―〈大陸系遺物と本州系遺物〉
A)大陸系遺物を主体とする時期から本州系遺物への移り変わり(周辺国家との関わり)
 ◎青銅製帯金具・銀製耳飾り・直刀・曲手刀子・ガラス小玉
B)「威信財」とみなされる交易品の副葬と社会構造(階層化と核家族の表象)
(4)葬送・信仰
A)葬送儀礼の変遷と地域性
B)動物信仰について
◎骨角牙製品(クマ像・海獣像・婦人像・線刻入りイヌ四肢骨)、土製品(クマ像)
展示資料
網走市:モヨロ貝塚【北海道大学、網走市立郷土博物館】
北見市:常呂川河口遺跡・栄浦第二遺跡【北見市教育委員会】
トコロチャシ跡遺跡・栄浦第二遺跡【東京大学大学院常呂実習施設】
羅臼町:トビニタイ遺跡【東京大学大学院常呂実習施設】
湧別町:川西オホーツク遺跡【道立北方民族博物館、湧別町教育委員会(複製品)】
根室市:弁天島遺跡・オンネモト遺跡【道立北方民族博物館(複製品)】
礼文町:香深井A遺跡【道立北方民族博物館(複製品)、北海道大学総合博物館】
枝幸町:目梨泊遺跡【枝幸町教育委員会】
 
《縄文工房》
テーマ「縄文人・オホーツク人になろう」(エントランスホール 体験受付:展示室受付)
土器つくりや石器を使うなどの体験をおこなう
(1)土器をつくろう(ミニチュア土器作り)
(2)アクセサリーを作ろう(滑石を用いた玉作り)
(3)砂絵を作ろう(土器や石器を題材とした砂絵作り)
(4)本物に触ろう(土器片に触れ重さや質感を実感し、拓本体験を通して文様等を観察する)
そ の 他
 入館・体験ともに無料
 
 
 

縄文人に挑戦

縄文人に挑戦
 
令和元年度 連続考古学講座・講演会
『アートな考古学を知る・学ぶ4』
「縄文人に挑戦」
 
日  時: 令和元年10月26日(土) 13:30~15:30
場  所: 北海道立埋蔵文化財センター2階研修室
講  師: 坂本 尚史当財団主査
内  容: 「土偶」は縄文人の精神世界を探る道しるべ。縄文人の心と技にどこまで迫れるか、越えられるか。縄文人が作った土偶を見本にマイ土偶作りに、レッツ・チャレンジ。
参加申込み: 入場無料。定員20名。
       事前に(10月26日 木から)電話(011-386-3231 内線228)で申込。
 
 

日本原始絵画研究の動向

日本原始絵画研究の動向
 
令和元年度 連続考古学講座・講演会
『アートな考古学を知る・学ぶ5』
秋季講演会「日本原始絵画研究の動向」
 
日  時: 令和元年11月16日(土) 13:30~15:30
場  所: 北海道立埋蔵文化財センター2階研修室
講  師: 設楽 博己東京大学大学院人文社会系研究科教授
内  容: 日本原始絵画の研究は歴史が古く、考古学の重要な研究課題。銅鐸や弥生土器に描かれた二次元の絵画が中心だ が、縄文土器や土偶の三次元的な造形も関連性がある。この分野の研究の第一人者が語る、原始絵画とその背景にある心の歴史。
参加申込み: 入場無料。定員100名。
       事前に(10月16日 水から)電話(011-386-3231 内線228)で申込。
 
 

平成31年・令和元年度学校・社会教育など団体受け入れについて

平成31年・令和元年度学校・社会教育など団体受け入れについて
 
平成31年・令和元年度学校・社会教育など団体の受け入れについて
 
*人数にかかわらず、3週間前までの予約が必要です。
 
 なにか、ご不明の点などございましたら、普及活用課 担当 倉橋(代表 011-386-3231 内線221 )まで
ご連絡をお願いいたします。
                    
 

平成31年・令和元年度各種団体受け入れについて

平成31年・令和元年度各種団体受け入れについて
 
平成31年・令和元年度各種団体の受け入れについて
 
*10名以上20名未満のご利用は、3日前までの予約が必要です。
*20名以上のご利用は、3週間前までの予約が必要です。
 満席の場合には、ご利用できない場合がございます。
 
 なにか、ご不明の点などございましたら、普及活用課 担当 柳瀬(代表 011-386-3231 内線220  )までご連絡をお願いいたします。
                    
 

展示室体験コーナー

展示室体験コーナー
 
 展示室体験コーナーでは、ミニ勾玉づくり、砂絵体験、ミニチュア土器、土製品つくり、アンギン体験など各種無料で体験学習を提供しています。
 
*10名以上20名未満のご利用は、3日前までの予約が必要です。
*20名以上のご利用は、3週間前までの予約が必要です。
*満席の場合には、ご利用できない場合があります。
 

公益財団法人北海道埋蔵文化財センターからのお知らせ

公益財団法人北海道埋蔵文化財センターからのお知らせ
  2019-09-11 開拓の村ボランティア施設見学
  2019-09-11 9月の休館日
  2019-09-07 土偶芸術の世界
  2019-09-06 中川町立中央小学校施設見学
  2019-08-23 文化庁担当職員等講習会エクスカーション
   
<<公益財団法人北海道埋蔵文化財センター>> 〒069-0832 北海道江別市西野幌685番地1 TEL:011-386-3231 FAX:011-386-3238