公益財団法人北海道埋蔵文化財センター|埋蔵文化財|発掘調査|出土品|展示|保護|北海道江別市

  • 掘り出された北の歴史
 
 

企画展示 シブノツナイと北の古代

企画展示 シブノツナイと北の古代
 
平成29年度北海道立埋蔵文化財センター企画展示
北海道遺跡百選10 シブノツナイと北の古代
期間:平成29年12月2日~平成30年2月25日
会場:北海道立埋蔵文化財センター展示ホール、常設展示室、体験コーナー
内容:湧別町シブノツナイ竪穴住居群を中心に擦文時代を紹介する。また、北海道教育委員会が世界遺産登録に向けて推進する「北海道東部の窪みで残る大規模竪穴住居跡群」についても紹介する。
 
 入館・体験ともに無料
 

縄文のコクゾウムシ?-圧痕・レプリカ法の考古学-

縄文のコクゾウムシ?-圧痕・レプリカ法の考古学-
 
「人類学と考古学を知る・学ぶ」5
「縄文のコクゾウムシ?-圧痕・レプリカ法の考古学-」
 
日時:平成29年11月25日(土) 13:30~15:30
場所:北海道立埋蔵文化財センター2階研修室
講師:小畑 弘己(熊本大学教授)
 
内容:土器に残る小さな凹み。シリコンでその形を復元し、電子顕微鏡で観察。まさに、土器の再発掘。そこで見えてきた縄文人とダイズ、ヒエ、エゴマ、コクゾウムシとの関係は?
 
参加申込み:1ヶ月前(平成29年10月25日)から電話(011-386-3231)にて受け付ける。定員100名。入場無料。
お問い合わせ:普及活用課
 

オホーツク人の骨を知る・学ぶ

オホーツク人の骨を知る・学ぶ
 
「人類学と考古学を知る・学ぶ」6
「オホーツク人の骨を知る・学ぶ」
 
日時:平成30年1月20日(土) 13:30~15:30
場所:北海道立埋蔵文化財センター2階研修室
講師:石田 肇(琉球大学教授)
 
内容:大陸から北海道にやってきて、アイヌ文化の成立に大きく関わったオホーツク人。その特徴とルーツは。北方諸民族の人類学的特徴とともに、その実態に迫る。
 
参加申込み:1ヶ月前(平成29年12月20日)から電話(011-386-3231)にて受け付ける。定員100名。入場無料。
お問い合わせ:普及活用課
 

展示室体験コーナー

展示室体験コーナー
 
 
展示室体験コーナーでは、ミニ勾玉づくり、砂絵体験、ミニチュア土器、土製品つくり、アンギン体験など各種無料で体験学習を提供しています。
 
 10名以上の個人、団体の場合は、準備やお願いする事項がございますので、必ず事前にお問い合わせください。
 
 また、学校、社会教育などの団体については、別途ご相談する内容がありますので、できるだけ来館予定の3週間前までには、ご連絡をお願いいたします。
 
   
   
   
<<公益財団法人北海道埋蔵文化財センター>> 〒069-0832 北海道江別市西野幌685番地1 TEL:011-386-3231 FAX:011-386-3238