公益財団法人北海道埋蔵文化財センター|埋蔵文化財|発掘調査|出土品|展示|保護|北海道江別市

  • 掘り出された北の歴史
 
 

続縄文文化へのまなざし

続縄文文化へのまなざし
 
平成30年度連続考古学講座・講演会 
『さらに、縄文文化を知る・学ぶ7』
『続縄文文化へのまなざし』
日時:平成31年3月16日(土)13:30~15:30
会場:北海道立埋蔵文化財センター2階研修室
講演題:『続縄文文化へのまなざし』
講師:高瀬 克範(北海道大学准教授)
内容:北海道の歴史の大きなエポック、続縄文文化。単なる縄文文化と擦文文化の橋渡しではなく、北の文化の豊かさや独自性の一つの出発点。長年その研究に取り組む講師がその魅力を語る。
参加申込み:入場無料。定員100名。
事前に(2月16日から)電話(011-386-3231 内線228)で申込。
 
 

企画展 北海道遺跡百選11

企画展 北海道遺跡百選11
 
平成30年度北海道立埋蔵文化財センター企画展示 
「北海道遺跡百選11 写真でたどる北海道埋蔵文化財センターの調査成果」
 
展示期間平成30年12月1日(土)~平成31年2月24日(日)
展示場所】北海道立埋蔵文化財センターホール
【展示内容】北海道内の公共事業などに伴う発掘調査を担うために、昭和54年に発足した財団法人北海道埋蔵文化財センター。平成24年度に公益法人へ移行したこの組織は、設立当初から道埋文(「どうまいぶん」)という呼称で一般の方々からも親しまれてきました。
 今回の展示では、道埋文が調査した遺跡の様子を発掘調査及び報告書作成に関わり撮影した写真を通じて紹介します。また、記録保存のために作成した報告書を広く一般の方々に閲覧してもらう展示を行います。
 次年度、道埋文は設立40周年をむかえますが、今回は、発足から20周年までの、昭和54(1979)年度から平成11(1999年)年度調査までを対象とします。 入館無料
 
 
 
 
 
 

 
 

平成30年度学校・社会教育など団体受け入れについて

平成30年度学校・社会教育など団体受け入れについて
 
平成30年度学校・社会教育など団体の受け入れについて(平成30年5月15日以降について
 
*人数にかかわらず、3週間前までの予約が必要です。
 
 なにか、ご不明の点などございましたら、普及活用課 担当 倉橋(代表 011-386-3231 内線221 )まで
ご連絡をお願いいたします。
                    
 

平成30年度各種団体受け入れについて

平成30年度各種団体受け入れについて
 
平成30年度各種団体の受け入れについて(平成30年5月15日以降について
 
*10名以上20名未満のご利用は、3日前までの予約が必要です。
*20名以上のご利用は、3週間前までの予約が必要です。
 満席の場合には、ご利用できない場合がございます。
 
 なにか、ご不明の点などございましたら、普及活用課 担当 倉橋(代表 011-386-3231 内線221  )までご連絡をお願いいたします。
                    
 

展示室体験コーナー

展示室体験コーナー
 
 展示室体験コーナーでは、ミニ勾玉づくり、砂絵体験、ミニチュア土器、土製品つくり、アンギン体験など各種無料で体験学習を提供しています。
 
【平成30年5月15日以降】
*10名以上20名未満のご利用は、3日前までの予約が必要です。
*20名以上のご利用は、3週間前までの予約が必要です。
*満席の場合には、ご利用できない場合があります。
 

公益財団法人北海道埋蔵文化財センターからのお知らせ

公益財団法人北海道埋蔵文化財センターからのお知らせ
  2019-02-10 考古学教室出前講座旭川市
  2019-01-29 札幌学院大学留学生体験学習
  2019-01-26 佐賀・東名遺跡-縄文のタイムカプセル-
  2019-01-23 札幌市立大学福岡先生博物館資料保存論
  2019-01-16 考古学教室出前講座妹背牛町
   
<<公益財団法人北海道埋蔵文化財センター>> 〒069-0832 北海道江別市西野幌685番地1 TEL:011-386-3231 FAX:011-386-3238